わかりやすく解説!WiMAX講座トップ >

wimax

超高速モバイル通信

UQ WiMAXは、超高速モバイル通信などと呼ばれているのですが、超高速などと言われますと、いったいどの程度なのかと気になりませんか。

それに、これまでのモバイルデータ通信で速度の速いものがあまり多くはなかったので、ついつい期待してしまいますよね。

実際、これからの時代、家の中や会社ばかりでなく、外でもインターネットに繋いで、さまざまな情報を収集してゆく時代となりますから、いつまでも遅いままの通信であってはいけないわけです。

UQ WiMAXは、時代に合っていると思います。

UQ WiMAXが使用できる駅のご紹介をしてまいりましょう。

首都圏では、JR大宮駅・地下埼京線ホーム、JR成田空港駅とJR成田空港第二ビル駅の、地下コンコースと地下ホームが使用出来ます。

JR東京駅の地下京葉線ホーム・地下総武線ホーム・地下銀の鈴付近・地下中央地下コンコース。

JR新宿駅の地下アルプス広場・中央地下通路。

JR池袋駅の地下中央通路・南通路・北通路。

JR馬喰町駅の地下東口改札コンコース・地下西口改札コンコース・ホーム。

東京近郊にお住まい、もしくは勤務先があるかたは、不自由しないですね。

UQ WiMAXの料金プランは4つくらいあります。

毎月の使用料に大きな差があるようなかたでしたら、2段階定額プランをお勧めいたします。

ほとんど使わない月は380円の料金ですんでしまいます。

たくさん使った月でも、4980円でしたね。

また、日本人に一番馴染みの深い、アメリカと韓国でとても簡単な手続きでUQ WiMAXを利用することが出来るのも大きなメリットでしょう。

いかがでしょうか。

あなたも、さっそくUQ WiMAXに申し込みしてみませんか。

UQ WiMAXで可能と思われる未来は、色々と考えられます。

現在でもUQ WiMAXを利用することで楽しめる事はたくさんあるのですが、まだUQ WiMAXのサービスは始まってからそれほど長い年月がたっていませんから、利用しているかたも今のところそれほど多くはないですし、エリアもまだ大都市近郊に限られているため、もう少々時間がたたないと実現は難しいというものが多いです。

WiMAXの周波数は問題がある

wimaxで利用している周波数は建物との相性は悪いです。

窓際で使用すれば影響は受けにくいので、屋内で使用する際はなるだけ窓の近くにするとよいでしょう。

無線通信は、利用可能な周波数帯や無線通信に関する法規制のため国によって非常に異なるものです。

wimaxは、利用可能な1チャネルあたりの周波数帯域幅を1.25MHz~20MHzの広い範囲で設定できることにより、各国毎の対応ができるような柔軟性をもたせてあります。

おかげで、国によって利用する帯域幅が異なっていても対応可能なのです。

ここでは、toppa!のWiMAXパソコンセットのプラン内容をお伝えしていけたらと思います。

toppa!が提供するWiMAXのパソコンセットは2年の契約を条件に100円の預かり金で新品パソコンを貰えてしまうサービスです。

まず、toppa!のWiMAXパソコンセットの月額料金は、toppa!WiMAXデータプラン(W)フラットバリューONEの利用で、5860円です。

パソコンセットで貰える新品のノートパソコンは、lenovoG565で、スペックはWindows7搭載でメモリが2GB、HDDが250GB、LEDバックライト付15.6型ワイドHD液晶、DVDスーパーマルチドライブ、30万画素のウェブカメラ搭載のモデルです。

自宅でのWiMAX活用法について紹介します。

WiMAXがあれば転送量が気になるタブレット型PCでのビデオチャットも勿論出来ます。

遠距離恋愛中の人や、海外に済む友人とよく電話する方にもおすすめです。

携帯は最低限の通話のみの契約にして、iPodtouchでメールやインターネットを全て賄うという使い方もおすすめですよ。

自宅やよく行く場所がエリア内なら、この方法はかなりおすすめです。

多数の機器で同時接続する事が出来るので、通信費が凄く節約出来てしまします。

工夫する事で魅力の広がり方は無限大です。

インターネットの接続契約時にメールアドレスが付属するかどうかはご存じでしょうか。

光回線等の契約時にはプロバイダからメールアドレスを発行されますよね。

契約内容によってメールアドレスの数も変わるので、追加したいか考える必要があります。

では、wimaxの場合はどうでしょうか。

wimaxの契約は、インターネット接続部分のみの契約となります。

このため、メールアドレスは本来発行されません。

普段利用しているメールアドレスを使うことは可能ですので、こちらを使用してメールのやり取りは問題なく行えます。

WiMAXプロバイダ選びは慎重に!

WiMAXは屋内でも屋外でもインターネットを楽しめます。

自宅から外出して、外出先の屋内でもインターネットが使えるなんて素敵ですよね。

WiMAXのサービスを提供しているプロバイダは複数あります。

元々有線のプロバイダサービスでも有名な、BIGLOBEやDTIが有名です。

WiMAX自体のエリア等はどのプロバイダと契約しても基本同じですが、それぞれキャンペーン等を行なっている場合があるので、良く比較検討して自分に合ったプロバイダを選ばれる事をおすすめします。

wimaxの端末は、売り場を見て回ったりカタログを開いたりすると、実に多くの種類があります。

おかげで、どれを使ったらいいのか困ってしまいませんか。

適当に選んで後悔はしたくないですので、wimaxを契約すると決めた後いちばんの悩みではないでしょうか。

そんなあなたに、Mobile Cube端末をおすすめします。

ネットワーク端末を使うとき、電源を入れても使えるようになるまで待たされることはありませんか。

Mobile Cubeなら、電源を入れてからWi-Fiが使用可能になるまで20秒もかかりません。

新幹線での長時間移動時に、インターネットが使えれば非常に便利ですよね。

wimaxは各種の交通機関による移動中や外出先でこそ本領を発揮します。

新幹線移動中でも、カバー範囲が広いwimaxはサービスを提供できます。

しかし、トンネルが多い区間ではwimaxでも使いにくいという話があります。

実は、N700系新幹線において、東海道新幹線区間である東京~新大阪間では公衆無線LANサービスによるインターネット接続が可能です。

WiMAXの具体的な契約方法をお伝えします。

まずは支払方法の決定です。

クレジットカードや口座振替等そのプロバイダで使える支払方法の中で、自分が希望する支払方法を選択します。

BIGLOBE等の場合、クレジットカードなら、3日~1週間で端末が届き利用が可能となりますが、口座振替の場合は支払方法登録申込書に記入して返送を行わなくてはならないので、もう少し時間がかかってきます。

利用開始までの時間が短縮できるので、おすすめはやはりクレジットカードの支払いになります。

海外でのWiMAXの利用

wimaxはworld wimaxというサービスを利用すれば海外でも使用することができます。

ただ、利用登録料や通信料は、利用する国によっても異なります。

気兼ねなく利用するためにも、料金は必ず調べておきましょう。

請求された料金を見て、知らなかったと言うわけにはいきません。

また、通信モジュールや接続ユーティリティは利用する国や地域によって異なります。

日本を出る前に確認した上で、必要ならばバージョンアップを忘れないようにしましょう。

成田空港ではwimaxが使えるので、海外に旅立つ直前まで準備ができますね。

WiMAXの具体的な契約方法をお伝えします。

WiMAXの具体的な契約方法の手順として、まずは自分の契約したいWiMAXサービスを提供するプロバイダを決める必要があります。

その後、自分が購入するモバイルルータを比較して決定し、次に、料金プラン等がある場合は料金プランを決めます。

この際、勢いで決めてしまうと後悔する可能性がありますので、必ずモバイルルータの決定には熟慮を重ねましょう。

今は見た目もお洒落なルータも出ているのですよ。

気になるWiMAXの屋内での利用ですが、WiMAXは以前に比べるとエリアもかなり改善されたので、以前使っていたけれど辞めてしまった方等はびっくりされるかもしれません。

立地条件や建物の構造によって、エリア内であっても通信がしにくい場合は、WiMAXのルーターを窓際に置いて使ったり、屋内用のホームルータタイプのUroad home等を使用したりする事で改善させます。

エリア内かどうかの判断は、BIGLOBEやDTI等の場合、サイト上で住んでいる所を入力するだけで判定ができますので、もし利用を検討されているのであれば一度検索をおすすめします。

wimaxの契約前に、少しだけお試しできたらなと思いませんか。

そんなときは、Try WiMAXレンタルサービスを使ってみてはいかがでしょうか。

wimax機器を15日間無料で借りて、お試しすることができます。

UQのホームページからオンライン申込することができますし、家電量販店での店頭申込も可能です。

期間中どれだけ使っても無料なので、気楽に使うことができますね。

データ通信カードやモバイルルーターを使用環境に合わせてお試しできるこのサービス、ぜひ利用してみてください。

地下鉄では電波が届かない?

地下鉄でWiMAXが使用できるかという話題です。

地下鉄ではWiMAXは使えない…そんなイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

しかし着々とエリアは広がっています。

関東に住んでいる方でしたら、都営地下鉄三田線大手町駅構内、神保町駅、日比谷駅等は既にエリア内ですし、その後も三田線、浅草線、新宿線、大江戸線、東京メトロ、福岡市地下鉄、名古屋市地下鉄とどんどんとエリアを広げている最中です。

wimaxの端末は、売り場を見て回ったりカタログを開いたりすると、実に多くの種類があります。

おかげで、どれを使ったらいいのか困ってしまいませんか。

適当に選んで後悔はしたくないですので、wimaxを契約すると決めた後いちばんの悩みではないでしょうか。

そんなあなたに、Mobile Cube端末をおすすめします。

ネットワーク端末を使うとき、電源を入れても使えるようになるまで待たされることはありませんか。

Mobile Cubeなら、電源を入れてからWi-Fiが使用可能になるまで20秒もかかりません。

WiMAXのお得な使い方をお伝えしたいと思います。

WiMAXのお得な使い方としておすすめなのは、BIGLOBEのファミ得パックの利用です。

なんと、BIGLOBEでは2台目からの月額料金が2480円で利用出来てしまうのです。

家族でお得にWiMAXを利用したいのであれば、是非このサービスを利用する事をおすすめします。

また、2台WiMAXの端末があれば、エリア内であればスカイプ等を使い無料で電話をする事もできますし、離れた場所でもゲームのオンライン対戦も出来ます。

WiMAXの申し込みにまつわる疑問点にお答えします。

インターネット上での契約以外にWiMAXの申し込み方法は無いのか疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

WiMAXの契約方法は勿論インターネットからのみではありません。

電話での申し込みを受け付けているプロバイダも勿論あります。

キャンペーンも、電話から申し込んでも適用される場合が多い様ですが、変更される事もありますので、良く確認をおすすめします。

2年契約が条件のWiMAXパソコンセット

ここでは、toppa!のWiMAXパソコンセットのプラン内容をお伝えしていけたらと思います。

toppa!が提供するWiMAXのパソコンセットは2年の契約を条件に100円の預かり金で新品パソコンを貰えてしまうサービスです。

まず、toppa!のWiMAXパソコンセットの月額料金は、toppa!WiMAXデータプラン(W)フラットバリューONEの利用で、5860円です。

パソコンセットで貰える新品のノートパソコンは、lenovoG565で、スペックはWindows7搭載でメモリが2GB、HDDが250GB、LEDバックライト付15.6型ワイドHD液晶、DVDスーパーマルチドライブ、30万画素のウェブカメラ搭載のモデルです。

WiMAXがまだ対応していない地下鉄の駅や地下街等でインターネットを利用するにはどうしたらいいか、悩んでしまった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もしどうしても地下でもインターネットを使いたい場合は、WiMAXのサービスを提供するプロバイダによっては、地下や公共の施設において一定の料金を支払ったりする事で利用出来る公衆無線LANを用意している場合があります。

ちなみにかなり利用できるポイントが多かったりします。

WiMAXのサービスプロバイダを選ばれる場合、公衆無線LANサービスの有無を選択のポイントの一つにするのも良いのではないでしょうか。

wimaxのモバイルルーターを短期レンタルできる「e─ca」をご存じですか?便利だけど、レンタルの際にどうしても心配なこともあります。

突然の故障や雨の日に持ち歩いて水濡れするなどの機器の不具合です。

e─caのオプションプランでPREMIUMやEXECUTIVEの保障パックを選択すれば、レンタル中のトラブル時に無償交換が可能です。

EXECUTIVEプランであれば、さらに利用中に新機種が登場した場合や他の端末を使ってみたい場合にも手数料なしで機種変更が可能となります。

新幹線での長時間移動時に、インターネットが使えれば非常に便利ですよね。

wimaxは各種の交通機関による移動中や外出先でこそ本領を発揮します。

新幹線移動中でも、カバー範囲が広いwimaxはサービスを提供できます。

しかし、トンネルが多い区間ではwimaxでも使いにくいという話があります。

実は、N700系新幹線において、東海道新幹線区間である東京~新大阪間では公衆無線LANサービスによるインターネット接続が可能です。